猫と植物と私

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

未分類

宇宙の果て

  みなさんは、宇宙に果ては在ると思いますか?
それとも無いと思いますか?

私はずっと「無い」と思っていました。
理由は・・・なんとなくその方が
夢が広がるような気がして。


以前職場の先輩に聞いた事があります。
その人は、科学とか天文学とかに詳しかったので。
そしたら・・・宇宙の果ては「在る」んだそうです。

天文学の世界では、もうちゃんと立証されていて
(もし宇宙に果てが無いとなると、無数にある星の光で
 夜空が真っ白になるんだとか・・・
 果てがあるからこそ、夜空が暗いんだとか・・・
 難しくてよくわからなかったけど)
そして今でも宇宙は広がり続けているんだそうです。

それを聞いて、なんだか残念な気持ちになりました。
そうか・・・果ては在るのか・・・。


数年前行った、お台場にある宇宙未来館。
ここは、展示してある各ブースにいる係りの方が
確か、その分野を得意としたボランティア(だったかな?)の方で
どんな小さな質問でも、丁寧に答えてくれた。

その宇宙ブースにいたお姉さん。
とてもお話が面白かった。
私の個人的なガンダム宇宙論(大げさ?)なんかも
ふんふんって、まじめに聞いてくれた。
(お姉さん、いい人だった・・・(T_T))

そこでお姉さんに、同じ質問をぶつけてみた。。
自分の考え方、先輩の話。
どう思いますか?

そしたらお姉さんは
「うんとねぇ・・・私は宇宙って、無限大のマークってあるでしょ?
 あんな感じじゃないかと思ってるのよ」
 無限大のマーク・・・「∞」
 例えば、地球からロケットが宇宙に向けて発射されるでしょ?
 あれは実は、まっすぐ進んでいるように見えて実は
 元に戻ってるって言うか・・・そんな感じだと思ってるのよ」と。


それを聞いて、目からウロコが落ちた。
それいい!ってか、それがいい!


「宇宙は∞」


昔の人は、海の向うには大きな滝があって
そこからジャージャー海の水が流れてたって
思ってたんだよね?
でも実は地球は丸くて、重力があって・・・。

天文学では、確かに果ては在るのかもしれない。

今の自分の中では、「3次元」の世界しか理解できない。
あったとしても「時間」を入れて「4次元」くらいか・・・。

お姉さんによると、物理学の世界では
「11次元」まで分かってきているという。

だったら、もしかしたら宇宙も∞でもおかしくないんじゃない?
今の人間には理解できていないだけかもしれない。
もしくは、もっと昔、
太古の人は理解できていたことだけれど
何億年という月日の中で、人が忘れてしまっている
ことかもしれない。


考え出すと、思いが広がります。







スポンサーサイト



*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。