猫と植物と私

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

未分類

林 芙美子さん

  ミクシィで、つぶやいていて思い出した。
作家  「林 芙美子さん。」


「花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき」



というフレーズはずっと覚えていたけれど、
今ネットで検索して、
その続きがあることを、初めて知りました。




『風も吹くなり
雲も光るなり
生きてゐる幸福(しあはせ)は
波間の鴎(カモメ)のごとく
漂渺(ひょうびょう)とたヾよい



生きてゐる幸福(こうふく)は
あなたも知ってゐる
私もよく知ってゐる
花のいのちはみじかくて
苦しきことのみ多かれど
風も吹くなり
雲も光るなり


赤毛のアン記念館・村岡花子文庫蔵 林芙美子詩集 』


私は、森光子さんの舞台「放浪記」でしか
林さんを知らないのだけれど
(しかもテレビ中継しか見たことナイ^^;)
小さな頃から苦労の連続だった、芙美子さんの言葉に
心が響きました。

その続きを知って、何か救われる思いがいたします。






※縹渺・・・ほのかに見えるさま。
      かすかではっきりしないさま。
      広くかぎりないさま。(広辞苑第六版より)





スポンサーサイト



*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。